マルイエポスカードローンでお金借りるのは損?得?

マルイエポスカードはクレジットカードにカードローン機能が付加されたものです。エポスカードを使用して融資を受けるのが損か得かは利用者の状況によって異なります。エポスカードは基本的にカードローンを目的するものではなくクレジットカードです。そのためデパートなどの買い物に利用するのが本来の使用方法ですが、急に資金が必要となった場合に提携ATMから融資を受けることができます。
カードローン機能を利用できるのはエポスカードの所有者です。利用限度額は1万円から99万円となります。一般的なカードローンと比較した場合に利用限度額は少なくなりますが、急に資金が必要となった場合に利用するならば十分な額です。金利は実質年利で18%とされます。多くのカードローンでは金利がおよそ年2%から18%に設定されていますが、エポスカードの場合には年18%で固定です。担保や保証人なく融資を受けることができます。
融資の方法としては銀行口座への振込やATMからの借入れがあります。銀口座への振込依頼をする場合にはインターネットか電話を使用します。振込額は指定可能で、手数料がエポスの負担となります。提携ATMは基本的に1000円単位で利用することができます。手数料は借入れも返済も無料で行うことが可能です。返済方法は一括払いかリボ払いになりますが、提携ATMから利用した場合にはリボ払いとされます。口座引落しやATMでの返済の他に、エポスカードセンターへ持参して返済することができます。
カードローン返済のコツ|支払いが遅れて返済不能になる前の救済措置はこちら