デビッドカードに家族カードはあるの?

クレジットカードに家族カードがあるのはよく知られているでしょうが、デビットカードにもあるのでしょうか。これは、基本的には無いというのが答えになります。そもそも、どうしてクレジットカードに本人カードと家族カードがあるのかと言いますと、その最大の理由は審査にあります。クレジットカードの場合は発行に際して審査が行われ、本人の収入や信用情報が調査されます。本人に収入がなければ、たとえ配偶者に十分な収入があったとしても、なかなか本人カードは発行されないのが実情で、そのために家族用にカードを発行するだけの意味があるわけです。
ところがデビットカード VISAの場合はそもそも審査がありません。本人が銀行口座さえ持っていれば、その口座に紐づける形で発行でき、本人の収入状況も信用状況も関係ありません。このため、そもそも家族用にカードを発行したいという需要そのものが少ないわけです。家族であってもそれぞれ本人カードを持つことになんら支障がない場合が多いということになります。
しかし、そうではあっても家族として一つの口座で家計を管理したいという需要があることも事実です。そして、そのような需要に答えるデビットカードもあります。それがスルガ銀行VISAデビットカードです。スルガ銀行VISAデビットカードは家族カードを発行することもできるデビットカードであり、家族全員が一つの銀行口座を利用して支払いをすることができるのです。